誰もが知っている「ラジオ体操」。

夏休みにラジオ体操に行った記憶がよみがえった方もいらっしゃるかもしれませんが、実はラジオ体操にダイエット効果があるらしいです

ラジオ体操を知らないと言う方はいないほど、日本人に馴染みの深いこの体操は、運動不足の方にピッタリの方法。

そこで今日は、ラジオ体操が何でダイエット効果があるのか調べてみました。

そもそもラジオ体操とは?

皆さんはいつ頃からラジオ体操が始まったか知っていますか?

気が付いたら当たり前のようにできていたラジオ体操ですが、ラジオ体操は簡易保険局(現在のかんぼ生命)が、「健康維持」の為に考案した体操です。

アメリカでもラジオを使っての体操があったのですが、日本もそれを真似してラジオ放送で体操を広めていったのです。

気になるラジオ体操の消費カロリーは?

ダイエットを経験している方なら当たり前のように知っていると思いますが、痩せるには「摂取カロリー」よりも「消費カロリー」を多くする事です。

これは、紛れもない事実。

で、ラジオ体操をすると実際にどのくらいのカロリーが消費されるのでしょうか?

たとえば、体重50kgの成人が15分しっかりラジオ体操を行うと約、57キロカロリー消費されるようです
 
「えっ、たったの57キロカロリー!?」って、声が聞こえて来そうですが自転車で15分走っても約45キロカロリーなので、意外と消費しますよね。

でも、57キロカロリーを消費するのはしっかりとラジオ体操を行った場合です。

ダラダラやってはこれだけのカロリーは消費されませんので、どうせやるならキッチリと行いましょう!

ラジオ体操はいつやるのが効果的?

ラジオ体操はいつやる?この答えに多くの方が「朝」のイメージがあるのではないでしょうか?

夏休みの朝に毎日行っていたラジオ体操。

確かに朝、ラジオ体操をすることは眠っていた脳と体に刺激を与えるので、1日のスターターにはピッタリです。

しかし、ダイエットを目的とした場合は「」がおすすめ

時間帯で言えば16~18時くらいがベストです。これには理由があって、この時間帯は私たちの体の体温が一番上昇している時間帯なのです。
 
体温が上昇しているという事は、基礎代謝も上がっているので消費カロリーも多くなるので、この時間帯に行うのが良いんです。

ラジオ体操は1日何回やれば効果的?

ラジオ体操ってとても簡単に出来る体操ですが、実はラジオ体操って有酸素運動からストレッチ、筋トレやバランス運動が全部入っているスーパー体操なんです。

このように全身の筋力を使うので血行促進だけでなく、便秘の解消にもつながるので結果、ダイエットにも効果があると言われています。

ラジオ体操を行う回数ですが、おすすめとしては3回行うこと。

「でも、夕方に3回もラジオ体操をしている時間ないし」そんな方は、朝と夕方に分けて行ってもOK!
 
1日3回のラジオ体操を行うことで、1日に必要な運動量をクリアすることができます。

それでも忙しくて時間が取れない!そんな女性も多いと思います。

そのような時はやっぱり夕方に1回行うようにしましょう。これだけでも続けていれば効果が実感できてきますよ。

日々の食事も気をつけましょう

15分ラジオ体操をしっかりやると57キロカロリーを消費しますが、実は体重を1kg減らすのには約、7,200キロカロリーも必要なんです。

何か、途方もない数字ですよね(汗)

単純に、ラジオ体操だけでこのカロリーを消費しようとすると、何と126回もラジオ体操をしなければなりません。

1日3回ラジオ体操をしたとしても、42日間もかかってしまいます。
 
しかも、あくまでも摂取カロリーと消費カロリーがイコールの場合です。

つまり、摂取カロリーが消費カロリーを上回っていると、もっと時間がかかる計算になります

だからと言って、1日に行うラジオ体操の回数を増やしてもあまり意味がありません。
 
それよりも普段の食事を気を付けることが一番。つまり、生活習慣を見直す事ですね。

普段の食生活を見直しながらラジオ体操を行うことで、効果的にダイエットを行うことができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ラジオ体操でダイエットができるか書いてみました。

ラジオ体操はとても地味で、他のダイエット方法に比べると体重を落とすのにも時間がかかります。

ですが、リバウンドの確率も低いしどこでも体ひとつあればできる簡単ダイエット方法。
 
基本的にダイエットは「継続」することが、成功への近道なので毎日コツコツと続ける習慣をつけましょう。