ワキ汗で悩んでいる方の多くが「自分ってもしかしてワキガ?」と考えた事があるのではないでしょうか?

ワキ汗をかくと確かに臭いがすることがありますが、実は自分のワキの臭いに気づかない方も少なくありません。

ですが、結論から言うと「ワキ汗とワキガは別物」です。

ワキガの原因は汗ですが、汗が出る汗腺は2種類ありワキガの場合は「アポクリン汗腺」から出る汗なんです。

では、詳しく見ていきましょう!

エクリン汗腺

エクリン汗腺から出る汗のほとんどは「水分」です。運動した後にかくような汗がそれに当たります。

この汗は水分がほとんどなので「汗臭い」というのがエクリン汗腺から出る汗になります。

そしてエクリン汗腺から出る汗でワキガ臭がすることはありません

アポクリン汗腺

ワキガの正体はこのアポクリン汗腺から出る汗です。

この汗にはたんぱく質や脂質、鉄分などの成分が含まれているので白っぽくネバネバしているのが特徴

これらの成分を肌の雑菌が分解することであの悪魔的な臭いを発生させるんです。

つまり、汗っかき=ワキガではありません

アポクリン汗腺から出る汗が悪魔の正体なんです。

やばい脇汗の原因と対策ってなに?

でも、いくらワキガではなかったとしてもシャツの脇の分部が濡れていたり黄色く変色しているというのは女性にとっては悩みの種です。

汗は多少は仕方ないにせよ、臭いが気になると生活にも支障をきたし最悪、自分に自信がもてなくなります。

でも、根本的にどうしてこれだけ汗が出てしまうのでしょうか?

汗の役割は上がってしまった体温を下げる体温調整のためですが、それ以外にも様々な原因があります。

緊張や不安、ストレス

「緊張すると汗をかく」と言う経験をしたことはあるのではないでしょうか?

実は心と汗は密接な関係があります。

緊張したり不安があると、交感神経が刺激されて急激に汗をかきます。

これを「精神性発汗」と言って、体温調整の「温熱性発汗」とは別物です。

上記でもお伝えしましたが、温熱性発汗の場合はエクリン汗腺から出る汗でその99%は水分で出来ているのでほぼ無臭。

その反面、精神性発汗は手のひらや足の裏、ワキの下などに多く分布し、たんぱく質や脂質、アンモニアなどの成分で構成され白くねっとり知っているのが特徴。

緊張や不安、ストレスなどでワキ汗をかきやすい方は、自分なりのリラックス方法を見つけることで軽減する事ができます

運動不足

私たちの体には全身に汗腺が分布していて、汗をかくことで体温調節をしています。

しかしこの汗腺は、運動不足だと働きが鈍くなると言われています。

汗腺の活動が鈍くなると、体温が上がった時に心臓近くにあるワキの下のエクリン腺から大量の汗が出るんです。

普段から軽い運動やウォーキングをすることで、汗腺を眠らせないようにしましょう

逆に、日頃から運動している方は汗腺が活発に動くのでアポクリン汗腺から出る汗の量も抑えられます。

睡眠不足

睡眠不足とワキ汗は一見すると無関係なように思いますが、実は睡眠不足は体の様々な不調の原因に。

睡眠が足りないと自律神経のバランスが崩れ、汗をコントロールすることができなくなりワキ汗が出やすくなります。

また、睡眠不足はストレスの原因にもなるので、可能なら1日7時間程度の睡眠を確保するように心掛けて下さい。

ホルモンバランスの乱れ

40代を過ぎると加齢によりホルモンが減少してきます。これがいわゆる「更年期」です。

女性にはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがありますが、加齢とともにこれらのホルモンが減少していきます。

これは仕方のないこと。

ホルモンバランスが崩れると自律神経が乱れます。

自律神経が乱れることにより、汗のコントロールができなくなってワキ汗が大量に出てしまいます

まずは、食生活や睡眠などの自分でできる生活環境を改善し、ホルモンバランスを整えることでワキ汗を抑えることも可能です。

遺伝的要素

私たち人間には、アポクリン汗腺とエクリン腺の二つの汗腺は必ずあります。

しかしワキガの臭いを発生させるアポクリン汗腺は遺伝することが分かっています

あなたの両親のどちらかがワキガの場合50%の確率でワキガになり、両親の両方がワキガだった場合では約70%の確率でワキガになるそうです。

その一方で、多汗症などの「汗の量」に関しては、遺伝なのかどうかは今現在の医学では解明されていません。

簡単に出来る脇汗を抑える方法

様々な原因で出てしまうワキ汗。

そんなワキ汗やワキガの臭いを簡単に防ぐ方法を紹介します。

制汗剤で止める

一番簡単で効果が期待できるのが制汗剤です。

制汗剤と一言でいっても、クリームやロールオン、スプレータイプなどがあります。

スプレータイプは簡単に使え清涼感もありますが、運動などの多量の汗には効果が薄いのがデメリットです。

その点、クリームやロールオンタイプは肌に直接密着するので、制汗作用はスプレータイプよりもあります。

こちらの商品は顔意外なら全身に使うことができるクリームタイプの制汗剤です。

リラックスする

リラックスする一番の方法が「腹式呼吸」です。

腹式呼吸は、鼻から息をゆっくり吸って、おへその辺りに空気を溜める感じでお腹を膨らませます。

息を吐く時は口からです。

腹式呼吸をするときは、リラックスできるように音楽を聴いたり海や高原などをイメージしながら行うと効果的です。

こまめに汗をふく

いくらデオドラント製品を使っても、リラックスを心がけていてもどうしても汗は出てしまうものです。

出た汗は放置しておくと悪臭の原因になるので、こまめに拭き取ることが大切です。

こまめに拭き取ることで服に臭いが移るのも防ぐことが出来るので、汗をかいたら素早く拭き取るようにします。

汗を拭き取る際は、タオルなどの吸水性の良いものを一度濡らして固く絞ってから拭くことで雑菌までしっかりと拭き取ることができます

また、バックの中に汗拭きシートを入れておけば汗を拭き取るだけでなく、殺菌もしてくれるので一石二鳥ですよ。

ワキ汗を抑えて自信をつけよう!

いかがでしたでしょうか。

ワキ汗の原因にも様々ありますが、まずは生活スタイルを整えて体の内側からワキ汗を抑えていきましょう。

それとプラスして、自分に合ったデオドラント製品を使うことでワキ汗やワキの臭いの悩みを改善していく事が可能です。

いつも気にしていたワキ汗やワキの臭いを解決して、ノースリーブで過ごしてみませんか?