ケトン臭というのは通称ダイエット臭とも言われる体臭になります。

加齢臭と合わせて嫌悪される臭いのひとつですが、それほどわかっていない人が多いようです。

今日は、こんなケトン臭が発生する原因とケトン臭を生み出さないための対策法をお伝えします。

ケトン臭ってなに?具体的にどんな匂い?

ケトン臭というのはダイエット臭の1つで、カロリー制限とかで糖質の摂取を我慢した際に現れやすい体臭になります

私たちのカラダに関しては、エネルギーの土台になる糖が足りないと、脂肪を分解して糖に代わって活用します。

脂肪を少なくしたいダイエット時に糖質制限を行なうことはそれが理由になります。

しかし、脂肪を分解する際には、血液の中に「ケトン体」が出来てしまいます。

ケトン体というのは、血液によって体全体を巡ります。 そのため、汗にケトン体が入って、汗が変わった臭いになってしまうのです。

さらに、肺に辿りついたケトン臭は、息により口臭を発生させます。 尿に排出されると、尿が独特の臭いを放ちます。

これこそが、ケトン臭なんです。 ケトン臭の臭いというのは、「フルーツが腐敗したような甘酸っぱい臭い」で、従来のライフスタイルでは現れない独特の臭いになります。

ケトン臭の起こる原因は糖質制限ダイエット?

糖質制限ダイエットとかで、糖質を物凄く制限すると、私たちのカラダというのは糖質とは別にネルギーを得る為に、体脂肪を脂肪酸に分解するようになります。

この際、代謝機能がダウンしていれば、脂肪酸がうまく燃焼出来ないのです。

この余剰の脂肪酸が、「アセトン」が入ったケトン体といったニオイ物質として結合されることになります。

この「アセトン」と言うのが「ケトン臭」の臭いの要因です。

しかし、ケトン臭が生じる原因は、糖質制限ダイエットだけとは限定できません。

糖尿病といった病気でも同等の臭いがします。 糖尿病というのは、糖代謝異常から代謝が低下し、脂肪をエネルギー源にしているのです。

糖質制限を行っている場合と一緒で、脂肪酸が上手に燃焼できす、ケトン臭が引き起こされるワケです。

それ以外にも、度を越したストレスから起こる自立神経の崩れや、お酒や高脂肪な食事によってもケトン体はアップしますので、ケトン臭の引き金になります。

ケトン臭の原因は加齢臭にもあり?

ケトン臭というのは加齢臭とも親密に関係すると考えられます。

ケトン臭が起こる際には、体の内側で脂肪酸がいっぱい発生してるのです。

いっぽう、加齢臭というのは「ノネナール」といった物質が産出されることが原因で臭いを生じます。

このような「ノネナール」というのは脂肪酸の酸化・分解が起因してつくられるのです。

すなわち、ケトン臭が生じているケースでは、加齢臭の発生が起こる原因物質を生み出しているということなんです。

ですので、ケトン臭が発生する原因が加齢臭と言うより、ケトン臭を発生している際には加齢臭も生じやすくなっている(発生している)と思うことが必要です。

ケトン臭は自覚なし?

ケトン臭というのは変わった悪臭ですから、加齢臭とかこれ以外の体臭と比べ、自分自身でも気付きやすい臭いといわれているようです。

しかしながら、自分自身の臭いって、慣れっこになってしまい自覚症状が一切無い傾向にもあるのです。

もしかしたら、という際には、周囲の方に尋ねてみるぐらいしかありません。

万が一、臭いに気が付いたにしても、糖質制限ダイエットが影響しているケースでは、カラダが糖質制限に慣れてくる3ヶ月から6ヶ月ぐらいには、血液の中にケトン体が排出されなくなるので、ケトン臭がしなくなるケースがほとんどだと思います。

糖質制限ダイエットだけじゃない!

今日は、ケトン臭が発生する原因とケトン臭を生み出さないための対策法をお伝えしてみました。

ケトン臭というのは、度を越した糖質制限が起因となるケースと、糖尿病といった病気が引き起こすケースがある事が分かりましたね。

ケトン臭防止の対策をとっても、悪臭が治まらない時は、病気が隠れていないか1回医療機関で検査してみるのも良いと思います。

 

合わせて読みたい記事

ワキ汗の知っておきたい原因と対策法