頭部の肌が硬くて変化しない状況は、血の流れが良くない根拠であって、抜け毛が発生する起因であるという噂が存在します。

しかしながら、頭部の肌が動いてしまうからといって絶対に脱毛しない、とは断言できません

頭皮が動く人は脱毛しない?

毛が少ないことを心配している人の自己診断のやり方においては、よく頭皮を手の平で押さえて前後左右に移動させてみるというやり方があります。

頭皮が硬くさほど動かない方というのは薄毛の不安があって、しなやかによく動く方はOKだと言われます。

あなた自身も一度や二度はやってみた経験があるのではありませんか?

これに関しては頭皮が硬いと血の巡りが良くなく、髪に十分な栄養分が行き渡らないといった考え方から考えられたことで、多少なりともエビデンスのある話です。

実際のところ頭皮の毛細血管は非常に細かく、頭皮が引っ張ると血流不良を引き起こしやすいことも考えられます。

しかし、そうだとしても「頭皮の動く人はハゲない」と判断するのは誤ちなんです。

脱毛の原因とは?

抜け毛が発生する原因は、メンタル要因が繁雑に関係し合うので、「コレが抜け毛のモトになる!」って容易に結論を出せない可能性もあります。

血の巡りが良くても、これ以外のことが要因で薄毛になってしまう確率は、無数にあるワケです。

頭皮の血行を促進するのに、マッサージだけすれば抜け毛が防止できると考えている方も大勢いるみたいですが、専門家に伴うヘアケアならば、頭皮のマッサージのみで完結される事実はないはず

我流の育毛で、毎日マッサージを行なっているのにもかかわらず抜け毛が減ることがないとショックを受けている方。

これ以外のヘアケアもちゃんとやっているのか、食事内容や睡眠時間が乱れていないかとか、その他の面もしっかりと補っているかそうでないのかを改善することが不可欠であるかもしれないですね。

くせ毛の人は薄毛になりやすい?

癖毛の人は薄毛になりやすい。いゃ、直毛の方が薄毛になる・・・など、巷では髪質と薄毛の関係が色々と取りざたされています。

でも、結論から言えば、髪質と薄毛には因果関係はありません

髪の毛の形状と言うのは、毛根の形に関係があると言われる見方と、髪質そのものが違うのではないか?と言う見方があります。

今現在では、前者の「毛根の形に関係がある」という見方が強いようです。

毛根の形が曲がっていることで、本来ならば頭皮の中で真っ直ぐに生えてくる髪の毛が、くびれたりゆがんだりして生えてきて、これが「クセ毛」になるのです。

毛根の形状と髪の毛の育ちには関連性はないですから、クセ毛や直毛が薄毛になる可能性はないと言って良いのではないでしょうか。

ただし、生まれつきつまり「遺伝的要因」によって決められた髪質や太さ、色、毛量などはほとんど抜け毛や薄毛の原因とは関係ありません。

それよりもストレスや不規則な生活、睡眠不足やホルモンバランスなど、様々な要因が複雑に絡み合って抜け毛や薄毛になるのです。

ただ、確実に言えることは「頭皮環境が健康でないと元気な髪は育たない」と言うこと。

清潔で健やかな頭皮は、育毛の第一歩といわれるのもそのためです。

まとめ

伸縮性があって、健やかな髪においては、両側から引き延ばしても、5%ぐらいまでは切れずに伸びます。

ショートヘアの場合は困難かもしれませんが、長い髪ならばゴムみたいに伸び縮みする手触りが体感できるから、使用してみてはいかがでしょう。

万が一にも容易に切れてしまうようだとしたら、髪の健康状態がいまひとつ良くないといった合図だと考えて対処した方がいいと思います。

 

ルルシアの効果は?