お金をかけずにダイエットができたら良いですよね?

実は、そんなダイエット方法があるんです。それが「早歩きダイエット」。

初めて聞く方もいるかもしれませんが、早歩きダイエットはウォーキングとジョギングの中間くらいで、ダイエット効果が得やすいと言われています。

今日は、そんな早歩きダイエットについて書いてみようと思います。

早歩きダイエットって本当に効果があるの?

結論から言えば、効果はあります

ダイエットの一環でジョギングやウォーキングをする方も多いですが、ダイエットを目的としているならば「早歩き」がおすすめ。

早歩きのスピードが早ければ早いほど、消費カロリーも多くなるので同じウォーキングなら早歩きがいいですよ
 
そして、早歩きをすると自然と大股になりますが、この大股で歩くことで自然と下半身の筋肉が鍛えられるんです。

ちなみに下半身には全身の約7割の筋肉が集中しているといわれているので、下半身の筋肉を鍛えることで基礎代謝がアップします

基礎代謝が上がると言うことは、カロリーの消費も増えるので一石二鳥ですね。

下半身の強化になる

早歩きダイエットはダイエットが目的ですが、実は上記でもお伝えしたように下半身が鍛えられるのです。

実は、下半身を鍛えることは非常に重要。その点、早歩きはそれだけをすることで自然に足腰の筋肉が鍛えられるので、おすすすめ。

足腰を鍛えることで、太ももやふくらはぎ、お尻やお腹までしっかりと筋肉を使うので、全身の筋肉を締めることが可能

姿勢も良くなり猫背ともサヨナラできます。

ストレス解消

これは早歩きだけに限ったことではありませんが、歩くことでストレス解消につながります。

早歩きしている時って、余計なことは考えなくなります。←と言うか、一生懸命に歩くので考えている暇がありません。

また歩くと全身の血流も良くなり、そうするとストレス解消物質のドーパミンがたくさん分泌されて、ストレス解消につながります。

健康増進

早く歩くと言うことはダイエット効果だけでなく、健康にもメリットがあると言われています。

足腰が丈夫になるということは、健康に過ごすことができるんですね。

自分の脚で歩けなくなると、やっぱり健康に過ごすことはできません。

早歩きが健康によい理由は下半身の筋力が強化されることで、全身の血行がよくなるからです

さらに血行が良くなることで心肺機能も向上し、病気などにもかかりにくくなるといわれているからです。

素朴な疑問?早歩きの速度は?どのくらい歩けばいいの?

早歩きで歩く時の1時間の消費カロリーはだいたい150~300キロカロリーです。

約倍の差がありますが、これは歩く速さや体重、年齢や基礎代謝によって違ってくるからです。

基本的に消費カロリーと言うのは、体重が多いほど大きくなります。

そして当然ですが、歩く速さが早いほど、歩く時間が長いほど消費カロリーは増えていくので、同じ時間をあるくなら早足の方が効率的です。

具体的にどのくらいの速さで歩けばいいのか?と言うことですが、脂肪燃焼を考えると1kmを約10~10分くらいの速度で歩くことがベストになります

早歩きだったらランニングでもいいのでは?

早歩きするくらいならランニングの方かもっと効率的に思えますよね?

そこで、ランニング・ウォーキング・早歩きでその差を検証してみたいと思います。

ジョギング

ジョギングは当然ですが、ウォーキングに比べても消費カロリーは増えます。

分かりやすく言えば、ジョギングとウォーキングでは約2倍の消費カロリーに差が出ますので、短時間で消費カロリーを増やしたい方はジョギングをおすすめします。

ですが、ジョギングは膝への負担や運動が苦手な方にはハードルが高いですから、無理をしないようにするようにしましょう。

ウォーキング

ウォーキングはジョギングに比べると消費カロリーは少ないですが、膝やカラダに負担が少ないので、初めての方にはウォーキングがおすすめです

ウォーキングでも長時間行うことで脂肪燃焼効果が上がるので、ジョギングが苦手な方にはウォーキングはぴったりだと思います。

 早歩き

ジョギングとウォーキングの「いいとこどり」が早歩きです。

早歩きはウォーキングの手軽さと、ジョギングに近い消費カロリーが得られるところ。
 
膝や体への負担も少ないので、効率的に消費カロリーを上げたい方にはピッタリな方法です。

まとめ

いかがでしょうか。

早歩きはメリットがたくさんあることに気づいたのではないでしょうか?

早歩きは効果的に消費カロリーを上げられ、膝や体に負担の少ない方法ですが、いきなり早歩きをするのは禁物です。

体が慣れていないうちから早歩きをすると、体に負担が掛かってしまいます。
 
普段、体を動かさない方はウォーキングから始めて、体が慣れてきたら早歩きに移行していく方がいいですよ。

そして一番大切なことは「継続すること」ですよ!