美白の大敵である「紫外線」。

この紫外線をブロックするのに開発された化粧品が「日焼け止め」です。

日焼け止めも毎年、新しい商品が発売されて正直、どれを選べば良いか悩みませんか?

ただ、多くの日焼け止めの成分で入っているのが「紫外線吸収剤」ですが、一体この成分はどのような働きをしてくれるのでしょうか。

そこで今日は、紫外線吸収剤について書いていきたいと思います。

紫外線吸収剤ってなに?

太陽光線から肌を守ってくれる日焼け止めですが、実は日焼け止めの成分には、紫外線吸収剤と紫外線吸収剤フリー(紫外線散乱剤)の2種類あります。

紫外線吸収剤とは?

紫外線吸収剤は文字取り、肌の表面で有害な紫外線を吸収してくれます

でも、吸収された紫外線はどうなるの?って、不思議に思いますが吸収された紫外線は熱や赤外線に変化され肌の表面から排出されます。

これにより紫外線が肌の奥に浸透することを防いでいるんですね。
 
紫外線吸収剤はとっても大事な成分なので、日焼け止めを購入する際は、SPF値の高い商品を選ぶようにしましょう

また、紫外線吸収剤は無色透明でテクスチャーもサラッとしているので使い心地が良いのが特徴。

さらに汗にも強いので、スポーツや日陰がない場所に行く時などには、この紫外線吸収剤が入った日焼け止めを使うようにしましょう。

ただし、長時間塗ったままにしておくとシミやシワの原因にもなってしまう成分なので、家に帰ったらしっかりと日焼け止めを落とすようにしてください。

紫外線吸収剤フリー

紫外線吸収剤フリーと言うのは、これも文字取り紫外線吸収剤が配合されていないことを表しています。

ノンケミカル」と記載されている商品がコレに当たります。

では、どうやって紫外線を予防するのでしょうか?紫外線吸収剤フリーの商品は、紫外線散乱剤を使用していることがほとんどです

この原理としては、肌表面に紫外線散乱剤を塗ることで肌の表面を覆い、紫外線が入って来た時に「散乱」する事で紫外線が肌の中へ入らないようにしています。
 
紫外線吸散乱剤はパウダー状なので、基本的にはオイルに配合されることがほとんです。

なので、どうしてもベタつきが出てしまうのがデメリット。また、汗にも弱いので塗り直しも必要になるので少し面倒かもしれません

紫外線吸収剤フリーの商品も長時間塗ったままにしておくと、肌の乾燥を招いてしまうので、しっかりと落とすようにしましょう。

紫外線吸収剤の副作用ってあるの?

ではここからは、紫外線吸収剤の副作用について見ていきましょう!

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は肌の表面で紫外線に対して化学変化を起こして紫外線を予防するので、少なくとも肌への負担はかかってしまいます。

特に紫外線を防ぐ効果が高いので、敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要です。
 
ですが最近では、敏感肌の方でも使えるような紫外線吸収剤をカプセルに閉じ込めて肌に触れないような商品も販売されているので、そちらを使うのもおすすめです。

紫外線吸収剤フリー

紫外線吸収剤と違い、肌の表面で化学反応を起こさないので、刺激としてはすくないので敏感肌さんでも使うことができます

まとめ

いかがでしょうか。

日焼け止めの成分である「紫外線吸収剤」「紫外線吸収剤フリー」ついて書いてみました。

結局のところ、どっちが良くてどっちが悪いと言うことではありません。

どちらにもメリット、デメリットがあるので基本的には自分に合ったものを使うことが大切です

そして、どちらか一方に偏るのではなく、「今日は紫外線が強い屋外にいる時間が長いから紫外線吸収剤の日焼け止め」と言う感じで、使い分けることもおすすめですよ。