鏡の中の自分の顔を眺めた時に、目の下のたるみが気にかかった経験はありませんか?

目の下のたるみというのは老化の為だけだと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

実際の所、目の下のたるみというのは日頃の生活が非常に関わりあっていたんです

目は、顔のイメージを一気にチェンジしてしまうものです。

同じ年だったとしても、老いて見えるのは目の周囲のたるみのせいかも知れません。

目の下のたるみが起きる原因を理解できれば、改善方もわかるようになります。

今日は、目の下のたるみが発生する原因と解決法・改善方法をお伝えします。

たるみを良くして、フレッシュな目元を目指しましょう!

目の下のたるみの原因は?

目の下のたるみについては、皮膚の下側にあるヒアルロン酸とコラーゲンの低下により生み出される老齢化になります。

しかし、たるみが発生する原因はこれのみではありません。

・老化
・疲れ目
・目の周りの筋肉の低下
・皮膚のふくらみ
・化粧といった刺激

このような事が積み重なって、目の下のたるみは起こってしまっています。

では、1つずつ見ていきましょう!

老化

目の下のたるみの一番の原因は老化現象です。

年齢とともにヒアルロン酸やコラーゲンが減少することも要因ですが、やっぱり目の周りの筋力が衰えることでハリや弾力がなくなってたるみにつながります。

疲れ目

目が疲れることで眼精疲労を起こします。

これは目の周りに老廃物が溜まって起こる現象ですが、これが原因で目元がたるむことがあります。

現代社会ではパソコンやスマホを使わない日は無いと思いますが、できるだけ目を休める時間を作るようにしましょう。

目の周りの筋肉の低下

目元のたるみは筋力の低下も影響しています。

たとえば、まばたきの回数が少なかったりすると目元の筋肉は衰えてその結果、たるみができてしまうんです。

目の筋力をアップさせるには、眼球を動かすなどの運動をすると効果的ですよ。

皮膚のふくらみ

年齢に関係なく目の下に老廃物が溜まると目元が膨らんできますよね。

これを眼窩脂肪(がんかしぼう)といいます。

この影響で、影が出来てしまいクマのように見えてしまうんです。クマができると疲れて見えたり老けて見えるので出来れば改善したいですよね。

化粧などの刺激

一日の終わりに化粧を落とすと思いますが、化粧が残っていたり強く擦ってゴシゴシと洗うと刺激になって目元がたるんでしまいます。

さらに、ゴシゴシと洗うことでメラニンがたくさんつくられ色素沈着を起こしてクマになってしまうので、化粧を落とす時はやさしく洗うようにしましょう

目の下のたるみはマッサージで解消?

結論から言えば、目の下のたるみはマッサージすることで軽減させることが可能です

当然、1回や2回やったところで効果はりませんが、続けることで実感することができます。

ですが、マッサージする時に2つの注意点があります。

・直にマッサージをしないでクリーム等を使う
・強くマッサージしない

上記でもお伝えしましたが、目元の皮膚は非常に薄いので、ちょっとの刺激でもクマやたるみの原因になってしまいます。

また、目元を強く推すことも色素沈着の原因になりますので、目元をマッサージするときは力を入れずにやさしく行いましょう

目の下のタルミを予防するには?

ここからは、目の下のたるみの予防法を紹介していきます。

毎日の保湿

目の下は皮膚が非常に薄い上に、皮脂腺がほとんどないので1年中乾燥傾向にあります

そこで、目元にうるおいを与えて上げる事でハリや弾力を保つことが可能です。

最近は目元専用のケア商品もあるので、それらを活用してみてはいかがですか。

目の筋力アップ

目の周りの筋力を鍛えることで、目元のたるみを予防することができます。

眼球を動かすだけでも目の筋力を刺激し鍛えることができるので、毎日続けるようにしましょう。

目を酷使しない

仕事でパソコンを使う方もいると思いますが、可能なら目を休める時間を作るようにしましょう。

さらにスマホも長時間使うと目を酷使してしまいます。

パソコンはブルーライトが出ているので、ブルーライトをカットするメガネを使ったり、目元を温めることも目を休めるためには必要です。

まとめ

目の下がたるむとどうしても年齢以上に見られてしまいます。

目元のたるみは加齢が大きく関係していますが、日々の努力によって遅くするだけでなく、改善する事も可能

普段の生活の中でも少し気をつけるだけでも5年後、10年後は違ってきますよ。